離島から本島に戻って再び国際通りでスト。最終日だし、なんとか即りたい!

s氏と合流して2人組にコンビで声かけするも反応はいまいちな感じ。

s氏は低テンション、イワシは疲れ気味で声かけがすすまない(´Д`)

ソロで声かけもしてみると、反応良くて長めに話は出来たけど、連れ出しには至らず。

スト4×2人
スト5×4人
スト6×2人


時間が遅くなり1人物件が皆無になって本日お開き。最終日だし悔しいのでs氏との別れを惜しみつつクラブに向かう。

実は人生初めてのクラブ。パーティのような雰囲気や大音量、煙草、ダンスと、全ての要素が苦手やから避けてたけど、明日は帰るだけだからトライしてみる!


0時過ぎにclub epicaにイン!観光客も多くかなり人が集まる箱らしい。

耳をつんざく音に怯えながら奥の方に進むと、光と音と人でごったがえした空間に出た。

ダンスホールで踊る男女、V.I.P.ルームで座りながら飲む男女、女性専用フロアにいるたくさんの二人組、壁づたいに突っ立ってるイモ男。想像通りの空間でこの場にいるのが苦しい(´Д`)

沖縄のクラブは泡盛飲み放題と聞いたけど、どこにあるかわからずカウンターで酒を買う。

適当に2周くらいして大音量すぎて普通の声かけはできないし、誰もしてないことに気付く。

耳元で叫ばないと聞こえない大音量。。。躍りながら目を合わせて雰囲気でもっていくしかないのか、、、

この空間、経験値でソロだと何も出来なさそうだったから、即興コンビを組むことにする。

壁に立ってるさわやかイケメンに声かけ。先輩に連れられてきたけど、先輩は一人で踊りまくってるらしい。初クラブとのこと。

音量が小さいトイレ側に戻って自己紹介した後、二人で行動することに。

フロアにいるスト高にはすでに男が付いているか、女複数でかたまっててどうにも突入できない雰囲気。

かといってこんなパリピな雰囲気でスト低物件に声かけしてもなーって感じ。

とりあえず2組くらいの片方の女にグラスを合わせて乾杯したけど、話す雰囲気にはならんかった(´Д`)


そのうち彼の先輩と合流してダンスホールの前の方に移動。先輩はクラバーらしく踊って楽しんでて我々は横で何とか音楽にのりながら様子見。

ちょっと一人でふらっと真ん中の方まで行ってみたら、ドンっ、と身体を当てられた。

男に絡まれたか((;゚Д゚))?と思って周りを見ても男はおらず。。。ポカーンとしてると、もう一回ドンっ、と人の感触。というか女の身体の感触。振り向くとこっちを向いて笑顔の女。

そうか、これは踊ろうよ!って合図なのか。とやっと理解して、女と一緒に跳ねたり、身体を密着してはしゃいだり、腰や胸をハグしたりで楽しむ。

約1分程だったか、曲が終わると彼女はじゃーね、という顔で何処かに消えてった。


一瞬だけクラブの楽しさがわかったような気がした。これを繰り返して気の合う異性を探すということなのか。

今が楽しけりゃいーじゃん的な。若者の生きる世界。イワシには異次元の世界。


ある程度ダンス踊れて曲を覚えれば、やってやれない感じはしたけど、ストで結果を出せてる今、深夜に寝不足でナンパをするのは辛い。しかも煙草が大嫌いだからよけいに。


深夜3時頃、相棒とその先輩で店を出て雑談。話が弾んでしまったけど明日の朝から観光らしいので惜しみつつ解散。

ええ奴らやったなー(´∪`*)


沖縄遠征最終日は地蔵トークで幕を閉じたのでした。

めでたしめでたし。


<成果(女性)>
声がけ:8人
連絡先交換:0人
連れ出し:0人

<コスト>
クラブ:3500円


スト値についてはコチラ

他のナンパブログはこちら
にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ


こちらもおすすめ
ストナン研究会