image
※写真はイメージです

狩野英考の女子高生淫行事件、栃木のプリンスの少女売春事件に続けとばかり、青少年への淫行関連でビッグニュースが飛び込んできました!

小出恵介が夜23時にバー呼び出した17歳女子高生と飲酒、セックスしたと報道されています。場所は大阪とのことですので、早速、大阪府青少年健全育成条例を見てみましょう~( -∀・)


まずは青少年とは、
「(定義)
第三条 この条例において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。
一 青少年 十八歳未満の者(婚姻により成年に達したものとみなされる者を除く。)をいう。」
とあるので、17歳は青少年ですね。

セックスとはすなわち性行為のことですが、
「(淫らな性行為及びわいせつな行為の禁止)
第三十四条 何人も、次に掲げる行為を行ってはならない。
二 専ら性的欲望を満足させる目的で、青少年を威迫し、欺き、又は困惑させて、当該青少年に対し性行為又はわいせつな行為を行うこと。」
とあるので、これに該当しそうですね~。違反すると二年以下の懲役又は百万円以下の罰金です。

なお、
「当該青少年の年齢を知らないことを理由として、処罰を免れることができない。ただし、過失のないときは、この限りでない。」
と第五十二条に記述があるので、年齢知らなかった~( •́ㅿ•̀ )では済まされない感じです。「過失のないとき」とは、年齢確認をした時に偽造身分証を見せられた等を指すのですが、そんな状況では無さそうですよね。


また、夜中23時に呼び出したそうですから、
「(夜間の連れ出し等の禁止)
第三十六条 何人も、保護者の委託を受け、又は承諾を得た場合その他の正当な理由がある場合を除き、第二十五条各号に掲げる者の区分に応じ、当該各号に定める時間に当該青少年をその住所若しくは居所から連れ出し、又はその住所若しくは居所以外の場所に同伴し、若しくはとどめてはならない。」
にも該当しそうです。こちらは三十万円以下の罰金です。


なお、この女子高生は飲酒もしているそうですから、未成年者飲酒禁止法も関わってきます。

「第一条  満二十年ニ至ラサル者ハ酒類ヲ飲用スルコトヲ得ス
2 未成年者ニ対シテ親権ヲ行フ者若ハ親権者ニ代リテ之ヲ監督スル者未成年者ノ飲酒ヲ知リタルトキハ之ヲ制止スヘシ」
とあり、簡単に言うと、

1.満20歳未満の者(=未成年者)の飲酒を禁止する
2.未成年者の親や監督代行者(=親に変わって世話を見ている人)が未成年の飲酒を知った場合は制止する義務がある

ってことです。
女子高生自身は違反していますが、未成年者自身への処罰規定はありません。

今回の小出恵介は知り合いの範疇だと思われるので、監督代行者ではないので未成年者飲酒禁止法には違反しないと思います。


その他には、「無理矢理5回やった、しかも2回は中出し」なんて噂もあるので、強姦もしくは準強姦が適用されるかもですね。


まずは明日発売のフライデーの詳細記事を待ちましょう!